「自分は黒髪だからカラコンは似合わない」と思っている人はいますか?
やっぱりカラコンにはコスプレとかギャル系のイメージがあるので、黒髪だとカラコンは似合わないと思ってしまう人もまだまだいると思います。
でも本当はそんなことは無く、選ぶカラコンさえ間違わなければ黒髪の人にだってカラコンは何の問題もなく似合うのです。
では黒髪の人はどうやってカラコンを選べばいいのか・・・
それは▼のサイトに詳しく書かれています。
黒髪に似合うカラコンの色

実はその黒髪カラコンサイトは私が以前から運営しているサイトです。
詳しくはサイトを見てほしいのですが、せっかくなのでここでも少しだけ解説しようと思います。

今はハーフ系メイクとかハーフ系カラコンという言葉をよく聞きます。
ハーフの女の子のような雰囲気になりたい人がメイクやカラコンでそれっぽく見せるということです。
ハーフ系カラコンを選ぶコツは複数トーン(できれば3色トーン)で色が入っているカラコンを選ぶことです。
ダークグレーとライトグレーとヘーゼルの3色とかそういうカラコンです。
これは特に黒髪の人に限らずハーフ系カラコンを選ぶコツです。
ただの普通のブルーとかグリーンとかだとコスプレっぽく見えてしまったり、ハーフではなく完全に外国人っぽくなってしまったりということになってしまいます。

そしてハーフ系カラコンのもうひとつのキーワードが「ひまわり模様」です。
これは文字で説明するのが難しいので上の参考サイト内の写真をぜひ見てもらいたいのですが、目にひまわり模様が出るカラコンというのがあるのです。
そしてそのひまわり模様がハーフっぽく見えるポイントでもあります。

「複数トーン」「ひまわり模様」この二つを頭に入れてハーフ系カラコンを選ぶといいですよ。

さて、黒髪でカラコンを付けたいと思っている人の中にはコンタクトレンズ自体付けたことが無い人がいるかもしれません。
コンタクトレンズには含水率というものがあって、この数字はレンズによって違います。

含水率が高いカラコンは触ったときに柔らかい感じで付け心地がよさそうに感じるのですが、目に装着して時間がたつと目が乾燥してくることがあります。
逆に含水率が低いレンズは触ったときに固く感じるのですが、長時間装着していても目が乾燥しにくいです。

含水率が高い方が乾燥しないイメージがあるかも知れませんが実際には逆です。

もしカラコンを付けてみて乾燥すると感じたらそのレンズよりも含水率が低いレンズを試してみてください。
結構違うはずです。